シェフについて

〜 シェフのご紹介 〜

concept_img1

富谷 宗久

19歳で新橋亭(@新橋)にてアルバイトを始める。
当時の店長に料理の才を見出され料理人の道へ。

本格的な出汁を使った料理が自慢

~足掛け17年働いた六本木、香妃園の人気商品「鶏そば」から学んだ本格的な出汁を使った中華が自慢です。 昨今の状況からおウチご飯の機会が増えた皆様へ新鮮な食材でコストパフォーマンスの良い中華レストランの味を提供いたします。


〜 経歴 〜

1987

香妃園(@六本木)に入社、修行し腕を磨く。

2000

日本初のデリバリー形態の中華料理屋(チャイナクック)の立ち上げに引き抜かれる。

創業から約10年、恵比寿店、赤坂店、麻布店、銀座店、新宿店をオープンする度に指導に入る。

関東を中心に40店舗以上で料理監修、店舗管理の指導にあたる。

2009

チャイナクック閉店。

同オーナーと渋谷宮廷を立ち上げる。

2013

渋谷宮廷を退社し、香妃園へ凱旋。

2020

独立の為、香妃園退社。
出張料理人、三軒茶屋での営業と新コロナウィルスの影響で試作を重ね、
デリバリーオンリーのトミーズキッチンを開業に至る。



concept_img1

〜プライベート〜

ギターは学生時代からの趣味です。仲間とセッションしたり、音楽の話したり、がリラックスできる時間。また作詞作曲した「食卓ブギー」がインディーズながらAFUAMUSICより配信されています。自粛の中では、リモートで演奏を楽しんでいます。

PAGE TOP